次回から『しみぁんたブログ』で検索!

【体験談】仕事を辞めたいけど言えない!知恵袋でわかった…

仕事辛いand退職

『仕事を辞めたい言えない!』と悩んでいませんか?

でも大丈夫です!悩みのほとんどは、知恵袋にて解決されている場合が多いからです!

なぜなら、あなたと同じような経験をしている人がいて、同じように悩み苦しんでる人がいるからです。

この記事では『私がブラック企業を退職した時の体験談』と『仕事を辞めたいけど言えない時の対処法』を紹介します。

記事を読み終えると『仕事辞めたいけど言えない…』と今後一切悩まなくなりますので、ぜひ最後までご覧ください!

【体験談】仕事を辞めたいけど言えない!知恵袋でわかった…

この記事では『私がブラック企業を退職した時の体験談』と『仕事を辞めたいけど言えない時の対処法』を紹介します。
記事を読み終えると『仕事辞めたいけど言えない…』と今後一切悩まなくなりますので、ぜひ最後までご覧ください!

ってことで、仕事を辞めたいけど言えないあなたに、ぜひ自分の思い通りに生きて欲しいので、アドバイスさせてもらいます!

まずは、私自身ブラック企業を退職した経験があるので、その際どのように辞めたのかを紹介します。

私が新卒3ヶ月で退職した時の体験談

私が新卒3ヶ月で退職した時の体験談

私は、ブラック企業に新卒で入社して、3ヶ月で退職したわけですが、かなり難しかったのを今でも覚えてます。

ブラック企業は、その名の通り労働者を搾取するような構造で、意見を言えるような環境ではありませんでした。

例えば、

  • 忙しすぎる
  • 厳しい上下関係
  • 人手不足

このように、とにかく言えるような状態ではありませんでした。

ただし、私も退職を早くしたかったので、どのように伝えれば良いのか考えて考えました。

結果どうしたのかというと、タイミングや情は捨てて、上司に『辞めたいと報告』をしました。

たったこれだけです。

言えないのではなくて、言うのです。

おそらく、悩んでるあなたはかなり心が優しい方だとお見受けします。

ですから、言えないのだと思うのですが、自分の意見をどうしたいのならば、気にせず発言するしかありません。

参考にならないかもしれませんが、私自身は勇気を出してなりふり構わず、報告しました!

まぁ、別にし○わけではないのでね。

流石にこれでは、ベストアンサーにはならないのね、Yahoo知恵袋にて見つけた質問と回答で良かったものを抜粋したので、続いてご覧下さい!

Yahoo!知恵袋の回答を紹介!

Yahoo!知恵袋の回答を紹介!

Yahoo!知恵袋の質問と回答を紹介します!

質問

仕事を辞めたいのですが上司に言えない場合。本当に言いづらくて言えない時はどぉやって辞めればいいのでしょうか?

【補足】

辞表以外に提出するものはありますか?会社には一切顔を出したくありません。

Yahoo!知恵袋

回答

回答している人の中で、ネタだと思うのですが、真面目に答えると、「辞表」はまず、書きません。

辞表を書くときは、貴方が何か不祥事を起こしたか、貴方が役員かの何れかです。

常識あるなら「退職願」を出しましょう。

どうしても上司に伝えられないのなら、人事に伝える方法もありますが、これは社会人としてマナー違反であることは、覚えておきましょう。

更に、それも嫌で、会社に顔を出したくないと言うのなら、有給が14日(土日含めて)残っていれば、本日中に退職願と有給届けを出して、14日後に辞めることにして出社しなくても法的には問題ありません。

(法律では退職に当たり、14日前告知が労働者へ義務付けられています)

有給が無く、出社しない場合は出社拒否になりますので、貴方が退職願を出したとしても退職理由に「懲戒免職」となる可能性もあります。

その場合、離職票に記載されますので、次の職場へ勤める際の足かせになるでしょう。

貴方がそこまで嫌がる企業ですから、隙を見せる辞め方をすれば、相手もそこを突く様な嫌がらせをしてこないとは限りませんよ。

後は、精神内科にでも行き、「欝っぽい」など演じて、医師から休職するような診断書を貰い、それを盾にして翌日から行かない・・・という方法もあります。

Yahoo!知恵袋

いかがでしょうか?

Yahoo!知恵袋では、このような回答がありましたね!

【知恵袋】仕事を辞めたいけど言えないときの対処法3選

【知恵袋】仕事を辞めたいけど言えないときの対処法3選

さて、あーだこーだ言っても、現状は変わらないので、言えなくて悩んでいるあなたにおすすめの、解決策を3つご紹介します!

それぞれ、私自身が過去に使って、効果があったものもあるので、かなり効果的ですよ!

それでは、早速解説していきます!

台本を作ってしまう

台本を作ってしまう

まず手始めに、台本を作ってみてください!

あなたが、発言する内容とそれに対して、反論する上司の言動。

すべて、頭の中のイメージにはなってしまいますが、台本に書き起こすことで不安感は解消されます。

一応、1つだけ例えを紹介しますね!

  • あなた) 退職したいです!
  • 上司)どうして?
  • あなた)ここで退職理由今回は『賃金』
  • 上司)じゃあ、給料上げたら辞めないのか?
  • あなた)いくらまで上がるんですか?
  • 上司)それは相談だ
  • あなた)ハッキリしてくれないとやめます
  • 上司)わかった、月5万上げる
  • あなた)仕事内容は変わりますか?
  • 上司)変わらない
  • あなた)…

こんな感じで、書いていきます。

上記を見ていただくとわかりますが、完全に言いくるめられています。

これは、悪い例です。

退職理由で、『賃金』を持ち出してしまうと、そこから説得することは難しくなります。

なので、退職理由で『賃金』はダメなんだとわかります。

台本を書くことで、あいての応答がある程度予測できますし、言いくるめられない退職理由も見つけることができます。

なので、ぜひ台本を作っていただいて、勇気をつけつつ不安を解消しましょう!

転職先を決めてしまう

転職先を決めてしまう

転職先を退職を伝える前に決めてしまうのは、とってもおすすめです!

転職先を決めてしまえば、絶対に言わないといけない状況に追い込まれるので、言えなくても言わざるをえません。

しかも、退職の意思を会社に伝える際に、既に転職先が決まっていれば、不安要素が減って堂々と報告ができます。

逆に、転職先が決まっていないと、退職の意思を伝えた際に、どこか不安な様子が上司に伝わり、説得されやすいです。

そうならないためにも、転職先を決めておけば、苦労することなく退職を伝えられますよ!

余談ですが、転職活動をする際に、自力でやるとわからないことだらけで、就活の時よりも大変になることが予想されます。

転職エージェントを使えば、無料でアドバイスや指導を受けられるので、就職活動が大変に感じた人使うべきです。

おすすめの転職エージェントを下にリンク貼っときますね。

転職支援『ゲキサポ』無料カウンセリングはこちら

言わずに辞める方法で退職する

言わずに辞める方法で退職する

最後に、本当に言える自信がなくて、上司と話ができる気がしない人に、知恵を貸します。

それは、退職代行サービスをつかおうってことです。

退職代行サービスは、あなたの代わりに退職の意思を伝えてくれます。

さらに、転職のサポートや失業保険申請のお手伝いなど、さまざまなアフターケアまでしてくれます。

料金は、2〜5万円程度で利用できて、弁護士資格がある退職代行もあります。

あなたにピッタリの退職代行が必ずあるので、この世にある便利なサービスは、フルに活用して、人生楽にいきましょう!

【知恵袋の仕事を辞めたいけど言えない】まとめ

【知恵袋の仕事を辞めたいけど言えない】まとめ

最後までありがとうございました!

結局のところ、すべてあなた次第です。

仕事を辞めることが出来るのも出来ないのも、すべてあなたの決断により決まり、自己責任です。

なので、日々悔いのない選択をすることをおすすめします。

ということで、今日はこの辺で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました