次回から『しみぁんたブログ』で検索!

知らないとヤバイ!?有酸素運動と筋トレの違い!

ダイエットor筋トレ
スポンサーリンク

有酸素運動と無酸素運動の違いはわかりますか?

この記事を読めば、有酸素運動と無酸素運動の違いが分かります。

有酸素運動と無酸素運動の違いを理解して正しく運動しましょう。

スポンサーリンク

知らないとヤバイ!?有酸素運動と筋トレの違い!

有酸素運動とは?

有酸素運動とは何なのか?あなたは分かりますか?

有酸素運動とは、 軽~中程度の負荷を継続的にかける運動のことです。

酸素を使って筋肉を動かすエネルギーである脂肪を燃焼させることから有酸素運動といいます。

脂肪を消費するため、体脂肪の減少や高血圧などに効果が期待できます。

上記の中でも脂肪を燃焼するのに長けていて、ダイエットをしたい場合は有酸素運動は必要不可欠です。

効果的な有酸素運動は、自分が少し辛いくらいの負荷をかけ続けることがとても大事で、あまりにも負荷が少なすぎると効果はあまり期待できないです。

ジムに行かないで、自宅で簡単にできる有酸素運動

自宅でできる有酸素運動は、ランニングと縄跳びとダンスなどのスポーツです。

一番効率がいいのがランニングで有酸素運動の中では比較的簡単にできてお勧めです。

ただ、ランニングと縄跳びみたいな有酸素運動で効果が極めて高いモノは、動作が単調になってしまい飽きてしまう人が多いと思います。

ですから、単調な運動が飽きてしまってだめな人は、スポーツのような楽しい有酸素う有働をすることをお勧めします。

例えで出すのならば、先ほどのダンスや野球、サッカーキックボクシング、水泳、バレーボール、バドミントン、卓球などたくさんあると思います。

これらはすべて有酸素運動に入るので、どれをやっていただいても効果は十分に期待できます。

有酸素運動は継続が大切で長い期間を継続できなければ、何をやっても意味はありません。

なので、ダイエットなどを考えている人は、何をするかではなく続けることが苦ではない有酸素運動をすることをお勧めします。

無酸素運動とは?

無酸素運動とは。

短い時間に大きな力を発揮する強度の高い運動を指します。
筋肉を動かすためのエネルギーを、酸素を使わずに作り出すことからこのように呼ばれています。エネルギーの発生に酸素を必要とせず、糖をエネルギー源として利用します。

全力もしくはそれに近い筋力を短時間で発揮しやすいのが特徴です。

無酸素運動には、筋肉を発達させることができてお勧めです。筋肉を発達させることができると、有酸素運動をしたときのカロリー消費が多くなって早くやせることができます。

無酸素運動は、筋トレと表現もできるので、一般の人からすると少しハードルが高くなってしまいますがやっていただくとわかると思います。めっちゃ簡単です。

想像以上に簡単だと思います。ですから、とりあえずやっていただいてそれから考えたほうがいいと思いますね。

簡単に自宅でもできる無酸素運動

簡単に自宅でも出来る無酸素運動(筋トレ)を紹介しますね。自宅でも簡単にできるお勧めの筋トレは、腕立て伏せと腹筋、スクワットです。

他の記事でも毎回このメニューを紹介してますが、正直この三つだけで十分です。特にスクワットは効果が高すぎてやらない理由が見つかりません。

腕立て伏せは、その名のとおり胸筋と腕力、腹筋は腹筋と背筋、スクワットは太ももに効果的です。

そして、ダイエット等にはスクワットで太ももの筋肉を鍛えて発達させることがとても重要です。太ももは体の筋肉の中で一番大きい筋肉で代謝がとてもいいです。

ちなみに、初心者が陥りやすい勘違いなのですが筋トレを毎日やってしまう人がいます。

毎日やるのもとても大事なのですが筋肉を成長させる意味では、あまりよくありません。

筋肉を成長させるには回復が必要なのできをつけてください。

筋トレを毎日やったほうがいいのか?やらないほうがいいのか詳しく知りたい人は、こちらをごらんください。

ダイエットに効果的なのはどっち?

ダイエットに効果的なのは、有酸素運動と無酸素運動どちらでしょうか?答えは、どちらもです。有酸素運動も無酸素運動もどちらもやることで、効率よくダイエットすることが出来ます。

最悪の場合どちらかをやっていればいいとは思いますが、どちらもやることに越したことありません。なぜ、どちらもやったほうがいいのか。

それは、目的が違うからです有酸素運動は、体の脂肪を燃焼してくれます。

その一方で筋トレなどの無酸素運動は、脂肪燃焼自体は少ないものの有酸素運動をしてくれたときの脂肪燃焼効果を大きくしてくれます。

なので、有酸素運動はダイエットの手段で無酸素運動は、有酸素運動の効果をあげるための道具だと思ってください。

有酸素運動だけだとてつもない労力が必要でも、無酸素運動をすることで近道が出来るということです。

ですから、ダイエットにおいて有酸素運動と無酸素運動のどちらをやったほうがいいということはなく、どちらも掛け合わせるほうがいいということです。

健康的なのはどっち?

先ほどと同じで、健康的なのもどちらもです。健康的というのも抽象的で分かりにくいですが、毎日病気やかぜを引かないで、すごすには有酸素運動と無酸素運動は不可欠です。

なので出来ればどちらもやってください!

ただ、どっちも出来ないと思った方はやらないよりは、どちらかでもやったほうがいいのでどちらか一方を継続してください。

余談ですが、ウォーキングはあまりお勧めしません。理由は、緩やかな運動はあまり意味がないからです。

もちろん、動かないよりはうごいていたほうがいいですが、変化があまりない運動は効果はあまり期待できないので、気をつけて下さい。おなかがすいてご飯を食べる量が増えるだけです。

有酸素運動と無酸素運動の組み合わせ方

最後に有酸素運動と無酸素運動の組み合わせはどのようにすればいいか解説します。まず、目的によって多少変わりますが、今回ダイエットをしたい人にお勧めの組み合わせ方を解説します。

まず、無酸素運動からやってください。そのあと有酸素運動をして下さい。この順番でやることで、脂肪は効率よく燃焼されてダイエットには効果的です。

無酸素運動を先にやることで、筋肉がおきてやる気を出します。

その状態で有酸素運動を始めることが出来ると、有酸素運動をはじめてすぐに脂肪を燃焼してくれます。

なので、もしダイエットを考えている人は無酸素運動を先にやって、その後で有酸素運動をしましょう。

まとめ

今回は、有酸素運動と無酸素運動について解説してきました。有酸素運動と無酸素運動は似ているようでまったく違うので、それぞれの特性を理解してがんばりましょう。

わたしのサイトでは、このように運動や筋トレダイエットに詳しく解説していて、毎日記事を更新しています。変な情報商材などを買うくらいならばここで無料でおしえているので、ぜひ活用してください。

最後までありがとうございました。それでは、今日はこのへんで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました