次回から『しみぁんたブログ』で検索!

素人必見です!建設業界の型枠大工はどんな仕事なのか?分かりやすく解説します!

建設業

全く知らない業界の型枠大工がどんな仕事なのか分かりますか?

この記事を読めば型枠大工がどんな仕事なのかが分かります。

型枠がどんな仕事なのか分かりやく順を追って解説しますね!

素人必見です!建設業界の型枠大工はどんな仕事なのか?分かりやすく解説します!

建物が出来上がる流れ!

建物が出来上がる順番をまず初めに知ってもらって、型枠大工がどんな仕事なのかイメージしてもらいます!

建設工事は大きく5つに区切る事ができます!

  1. 設計図を作る
  2. 建物の土台や骨組みを作る!
  3. 柱や壁、床を作る!
  4. 建物を仕上げる!
  5. 完成!

このように、建物を作り上げていきます!建物は、1人では作り上げることは出来なくて、何人もの人の力によってやっと建物が出来上がります!

ここで、気になるのは型枠大工ですよね?型枠大工は、2と3の項目に該当します!主に、土台や柱を作る作業を型枠大工は仕事しています。

型枠大工はどんな仕事なのか?

さて、次は型枠大工の仕事内容を解説していきますね!

型枠大工を簡単に説明すると、コンクリートを形作るための型を作る仕事です。

コンクリートを形作るための型とはなんなのか?

なんですが、コンクリートとは固まる前は、流動的でドロドロとしています。

なので、コンクリートが固まるまで形を保持させるための枠を作り上げます!

みなさんが普段何気なしに見ているコンクリートとは、数ミリ単位で調整されていて、5ミリズレていると目で見ると違和感があります。

なので、誤差2ミリから3ミリ程度で仕上げるとてもシビアな仕事です。

そして、コンクリートを流し込む時にコンクリートはかなり勢いよく流れてきて、それを受け止める仮の枠を作らなければいけません。

仮というのは、コンクリートが固まり次第、枠は外すからです。

なので、撤去しやすく、なおかつ丈夫で歪まない技術が必要とされています!

最後に話を要約すると、流動的であるコンクリートを一時的に受け止め、コンクリートがまだ柔らかい時に形を生成するための形を作る枠を設計、設置をする仕事になります!

前後の仕事の流れは?

型枠大工の仕事の前後はどのようになっているのか?

まず、型枠大工の前は鉄筋というものをつくります。

コンクリートの中には鉄筋が入っていて、お互いの長所短所を生かし殺して、助け合うためにコンクリートの中には鉄筋を入れます。

コンクリートの中に鉄筋を入れたい場合、コンクリートの型枠を作る前に鉄筋を生成する必要があります。

なので、型枠大工作業の前に鉄筋があります。

さて、型枠大工の後の仕事は、コンクリートの流し込みになります。

型枠大工の仕事が完了して型が出来上がった後に、コンクリートを流し込む事で、コンクリートが固まった際に思い通りの形にする事が可能になります。

なので、型枠大工の後の作業はコンクリートの流し込みになります。

型枠大工の人柄

型枠大工のことに興味がある人は、型枠大工をやっている人がどんな人なのか?どのような人が多いのか?

気になりますよね?ってことで、独断と偏見で型枠大工はどんな人が多いのか簡単に解説します。

型枠大工をやっている人は基本的に、オラオラ系です。

断言できます。ナヨナヨ系はほぼいないと言っていいでしょう。

一昔前ならヤクザやヤンキーが沢山いる職業でした。

今は建設業界自体が縮小しているのもあり、そのような人は少なくなりましたが、型枠大工をやっている方はオラオラ系が多いですね!

ただ、ここで勘違いしやすいので、深掘りしておくとオラオラ系だけど礼儀正しく優しいということです。

ん?ってなるかもしれませんが、型枠大工とは一朝一夕で出来るようになるような簡単単純なものではありません。

経験と技術があって成り立つ職業です。なので、常識や礼儀はきちんとしているし、心が広い漢が多いです。

なので、直訳すると心が広く漢気がある強面の人が多いですよ!

休みや給料は?

給料は日当月給のところがおおく、一日の単価が決まっていて、月に出勤した日数によって給料が決まります。

特に大手企業ではない大部分の会社や団体は、この仕組みで動いていて、大体1万円から3万円程度だと思います。

この人たちはボーナスがもらえることは稀で、お金の面では少し苦労してる人が多いかもしれません。

逆に型枠大工の経営者はそれなりに儲かっているので、型枠大工をやっている人は親方や社長を目指す人が多いと思います。

休みは基本的に日曜が休みの人が多いです。なぜかというと、出勤した分だけの給料になるので、休んでしまうと給料が減ってしまいます。

ですから、基本的に毎週一日しか休まない人が多いですね。

建設業界全体は連休は年に3回あるので、型枠大工の人も基本的に同じだとは思います。

建設業界の事情について知りたい方は、こちらをどうぞ。

型枠大工は大変!

オレンジのものが木材型枠。横に流れているのが鉄パイプ。斜めについてて、鉄パイプを抑えているのがサポート体。写真に写っているものは全て、型枠大工が設置しコンクリートが固まり次第全て撤去します。インフラが整っていない事が多いので全てで運びです。

型枠大工は大変です!なぜ大変なのかというと、基本的に肉体労働なのですが、頭を使い数学が出来ないと難しい仕事だからです。

まず、基本となるコンクリートの型枠なんですが、木材を使います。横が1.8メートル、縦が0.91メートルの暑さ、1cm程度の材料を使うのですが、型枠として使うにあたって少し加工されていて、一般の成人男性だと1枚を持ち上げるのもなかなかキツいです。

ですが、型枠大工の仕事はその型枠を何百枚も持ち運び、あらゆるところに設置しなくてはいけません。

基本的に機械では出来ないので、設置するところまで手作業で自分の足によって運びます。

そして、型枠だけでなく、それを支えるサポート体と呼ばれる道具や、型枠が壊れないように支える鉄パイプなど、とにかく重くて取り回しが難しい、道具を沢山使用します。

ですから、肉体労働は過酷なのです。

そして、頭を使う数学を使うとはなんなのか?

まず、前文でも言いました通り、数ミリの誤差で行う仕事です。

そして、型枠を組み立てる際にコンクリートが固まり型枠を外した後、コンクリートがどのような形になるのかをイメージして、逆算しなければいけません。

しかも、コンクリートは自由な形が可能な素材として使われているので、さまざまな形を要求されます。

たしかに、コンクリートは最初は液体なので自由な形が可能ですが、それを形作る型枠はそうではなく、型枠によって形を作らなければいけません。

この作業が頭の柔らかい人や経験豊富、数学が得意でいないと難しく大変難易度が高い職種の一つになっています!

まとめ!

型枠大工のことを少しでもわかっていただけましたでしょうか?

私のサイトでは、建設業界について赤裸々に嘘偽りなく体験談や独断と偏見を述べているので、他の記事も参考にしてください!

建設業界は謎が多いと思うので本当のところどうなのかあなたに教えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました