次回から『しみぁんたブログ』で検索!

【1分で解説】二級建築士と二級施工管理技士の違いとは?

建設業

二級建築士と二級施工管理技士は、それぞれ何が出来て何が違うのか?

この記事を読めば、比較してあるのですぐにわかります。

何が違くてそれぞれどのように使えるのか知りたい人は必見です。

【1分で解説】二級建築士と二級施工管理技士の違いとは?

二級建築士と二級施工管理技士(二級建築施工管理技士と同じ意味です)について、調べていたら結局何がどう違うのかわかりにくかったです。

なので今回は自分で調べて書くことにしました。

ってことで、早く知りたい人は目次を見て二級建築士と二級施工管理技士の違いとは?をクリックしてくれれば、飛ぶのですぐ見れます。

それでは、まず二級建築士とはどんな資格なのか?から解説していきます!

二級建築士とは?

そもそも、二級建築士とは何か?

二級建築士は扱える建物の規模や用途、構造等に制限がありますが、戸建住宅程度の規模であれば木造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造の設計をすることが可能です。 ※ニ級建築士は都道府県知事の免許を受け、ニ級建築士の名称を用いて、設計、工事監理などの業務を行う資格を有する者。

上記を見ていただければ分かると思いますが、要するに二級建築士を持っていれば住宅規模程度の設計が可能になりますよ!って資格です。

ここまで読んでも、意味がわかりにくいと思う人もいるかもしれないので、細分化して解説します。

まず、仕事内容は大きく分けて2つです。

  1. 設計
  2. 工事監理

この2つが主な仕事内容になります。

今回、二級建築士について深掘りしていると、次のテーマに行けないので省略しますね。

二級施工管理技士とは?

さて、二級施工管理技士はどのような資格だかご存知ですか?

2建築施工管理技士は建設現場において、施工計画を作成し、現場の工程管理や安全管理、品質管理など、工事全体の進行の管理、監督を行います。

他にも、発注者との打ち合わせをはじめ、現場の技術者や職人の監督、指導、資材の発注、予算管理など、仕事内容は広く一連の流れを覚えなくてはいけません。

上記でダラダラと書きましたが、要するに二級施工管理技士は、現場にて建物が出来上がるまでを指揮 管理等をする資格内容になります。

二級施工管理技士は、現場監督(施工管理)をするのであれば必須の資格になっています。

しかも、会社は資格を持ってる人の人数によって受注できる仕事の規模も変わってきます。

ですから、二級施工管理技士はかなり需要がある資格だということですね。

二級建築士と二級施工管理技士の試験はどちらが難しいの?

それぞれの試験内容を解説します!

次に、二級建築士二級施工管理技士どちらの資格の方が難易度が高いのか、比べていきたいと思います。

まず、二級建築士の試験内容ですが、

学科と製図の試験があります。

学科は五肢択一(5つの選択肢から1つを選ぶ)のマークシートになっています。

学科試験は、4種類にわかれます。
『計画、施工、法規、構造』です。

それぞれ25点満点の、合計100点満点。

合格基準は、

  1. 1科目13点以上
  2. 4科目の合計点数が60点以上

この2つの条件をクリアする必要があります。
戦略的には、全科目15点以上を目指す事になりますね

続いて製図は、

製図試験では、『一般住宅の設計』をします。

毎年、予めテーマが与えられていて、それに沿った条件で設計を行います。

RC設計と木造設計のどちらかが出題されます。

3年サイクルで、

  • 木造→木造→RC
  • 木造→木造→RC

と、順番に出題されています。

これが二級建築士の試験内容です!

次に二級施工管理技士の試験内容を解説します。

このように広く浅くが二級建築施工管理技士の試験内容です

結局どちらが難しいのか?

二級建築士と二級施工管理技士どちらの試験が難しいのか?

私自身では二級建築士の方が覚えることが多く、難しいと思いますが客観的に合格率などをみてどちらが難易度が高いのか見てみましょう!

二級建築士試験の合格率が書いてあります。
二級建築施工管理技士の試験合格率が書いてあります。

上記の写真を見ていただけると分かると思いますが、どちらも国家資格にて大変難しい試験となっています。

それぞれの表から分かることは、二級建築施工管理技士の方が難しいということでしょうね。

ただ、受験者数が倍近く二級建築士の方が多いので、正確な数字は見ることができません。

なので、参考程度に思っていた方がいいと思います。

そして、二級建築士は学校に通って勉強する人が多いがために、合格率も高くなっているのではないかと考えられますね。

二級建築士と二級施工管理技士の違いとは?

長々と話してきましたが、今回のテーマであるそれぞれの違いについて解説してきます。

ざっくり解説すると、二級建築士は設計担当二級建築施工管理技士は現場担当と言った感じです。

細いとこまで見ていくと、2級建築施工管理技士は現場での施工管理業務しか出来ません

その一方で、二級建築士は住宅程度の設計に加えて、2級建築施工管理技士よりは劣りますが、一部現場管理が可能になっています。

これらからもわかるように、二級建築士二級建築施工管理技士では、二級建築士の方ができる仕事の幅が広くなっています。

が、ここで注意点です。

二級建築士や二級施工管理技士について調べているということは、いずれ一級建築士または一級建築施工管理技士をとろうと思っていますよね?

もし、一級建築士または一級建築施工管理技士の取得を目指しているのであれば、二級建築士の受験をおすすめしてます。

というのも、建築士や施工管理技士の資格受験には実務経験が必要で、すぐに受けられるものではありません。

ですから、限られた時間と回数だと思うのでアドバイスをします。

二級建築士の方を取ったほうがいいですよ!

どうしてかというと、二級建築士を取れば一級建築士と一級建築施工管理技士のどちらも受験資格が得られるからです。

逆に二級建築施工管理技士の場合、一級建築施工管理技士の受験資格しかもらえません。

なので、いずれ上の資格を取りたいのであれば、二級建築士をとることをお勧めします。

もちろん、二級建築施工管理もいいのですが、二級建築施工管理をとるということは、まだ経験は浅く1人で現場は持つなんてことは無いと思います。

その状況で、二級施工管理技士は生かしきれません。(現場監督や施工管理での効果がたくさんある資格のため)

なので、自分が成長する前に二級建築士をとり一級建築施工管理技士をとれば1番最高だと思いますよ!

設計士はどちらが必要?

もちろん、二級建築士です!

二級建築施工管理技士では、一切意味がありません。

ここでは言い切ってしまいます!

あくまでも、設計士をやりたい場合二級建築施工管理技士は全く必要ないので、潔く二級建築士をとりましょう!

設計士をやりたいとかやるとなった場合、二級建築士を受けるべきですが二級建築士は現場の監理も一応可能にはなっています。

ですが、範囲がとても狭く現実的ではないので設計士が向いているということです。

現場監督はどちらが必要?

現場監督に必要なのは、どちらでも大丈夫です!

ただし、二級建築施工管理技士の方が幅広く対応できるので、むいていると思われます。

二級建築士では、現場監督の一部のみしか対応していないので、二級建築士は最重要資格ではないですね。

ただし、一級建築施工管理技士を目指しているのであれば、二級建築士を受験した方がいいかもしれません。

まず、二級建築士と二級建築施工管理技士を比べた場合に、二級建築士の試験出題範囲の中の1部が二級建築施工管理技士の試験です。

要するに、二級建築士を勉強して受験すれば、二級建築施工管理技士の勉強をしなくても受かる可能性があるということです。

しかも、二級建築士をもっていれば一級施工管理技士の受験資格もあるので、わざわざ二級建築施工管理技士を取らなくても、二級建築士をとってしまえば大丈夫だと思われます。

職人はどちらが必要?

職人ならば、特にどちらも必要ありません。

基本的に、職人に必要となってくるのは資格よりも検定ですね。

資格と検定について軽く解説すると、

資格は、〇〇をすることができる。

検定は、〇〇できることの証。

てな感じです。

ですから、職人の場合は検定をとって自分のスキルをアップさせることの方が、重要な場合がありますからよく吟味してくださいね!

二級建築士と二級施工管理技士はどちらがおすすめ?

結局のところ、二級建築士と二級建築施工管理技士ってどっちがおすすめなの?

結局おすすめはどっちなのか?ですが、マジで人によって変わるのであなたの現在と目標が分からない状態では、どちらもお勧めはできません。

でも、もしおすすめするのであれば、二級建築士をとっておいた方がいいかもしれませんね。

二級建築士をとって、一級建築士をとっておけば、建築士はもちろんのこと、二級建築施工管理技士を受験したくなったときに、学科と実技のうち学科が免除になります。

しかも、二級建築士の資格取得のために勉強をすれば、二級建築施工管理技士の試験範囲のほとんどを勉強したことになり、楽に受かることができます。

これは、建築士の方が試験範囲の幅が広いから楽になるということですね。

なので、特に目標もなくただ手に職をつけたいから受験するのであれば、二級建築士をおすすめします!

もし、迷っていてどっちにしようか悩んでる人は、コメントまたはTwitterにて質問受け付けております!

何才まで挑戦できる?

どちらの資格にも年齢制限はありません!

ですから、何歳になってます受験することは可能です!

ただ、実務経験等が必要なので、受験資格はクリアする必要があります。

年齢は関係ないですが、実務経験等は関係するということでした!

二級建築士と二級施工管理技士の勉強の仕方おすすめ!

どちらとも国家資格ですので、資格の中では高難易度となると思います。

そこで、おすすめの勉強方法ですが私が実際に行って受かったやり方は、『学校』でした。

いわゆる、専門学校や夜間の学校に通うことで、受かることができました。

どうしても独学になると、なかなかしんどいところもありますし、何より本業をやりながらの受験になると思います。

なので、受験勉強以外のスケジュール管理や試験内容のsearchそして、わからなかったときの改善方法などなど、独学では大変多くの時間がかかってしまいます。

ですから、私は学校に通うことをおすすめします!

おそらく、年間30万〜100万などとても高額にはなってしまうと思いますが、この世で1番ハズレがない自己投資になるので、本気でなおかつ時間を無駄にしたないのであれば、専門の人に習うのをお勧めします。

結局二級建築士と二級施工管理技士はどっちを取ればいいのか?

はい、最後の最後にどっちを取ればいいのか?

これは、ズバリいうと二級建築士です!

二級建築士をとって、そのあと二級施工管理技士をとって、実務経験を積んで一級建築士又は一級建築施工管理技士をとればいいと思いますよ!

二級建築士の方が少々幅が広く難易度が高めですが、リターンは大きく二級建築士を勉強すれば、二級施工管理技士は楽勝なので、ぜひ頑張ってください!

まとめ

最後までありがとうございます!

今回は二級建築士と二級建築施工管理技士について違いを解説しました!

もし、質問等ありましたらどしどしお待ちしております!

コメント

タイトルとURLをコピーしました